『Volkswagen Day 2017』5月27日・28日に東京お台場で開催!最大級のカスタマーイベント

〜4つのイベントテーマで最新のフォルクスワーゲンをわかりやすく紹介〜

フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(代表取締役:ティル シェア、本社:愛知県豊橋市/以下、VGJ)は、5月27日(土)・28日(日)の2日間、東京・お台場の特設会場で開催する輸入車ブランド最大級のカスタマーイベント『Volkswagen Day 2017』(フォルクスワーゲン デイ 2017)のイベントコンテンツを決定し、専用Webサイトを通じて、その内容を公開した。

今年の『Volkswagen Day 2017』では、デビューしたての新型「up!(アップ!)」と 1月の発売以来、注目を集めているコンパクトSUVの新型「Tiguan(ティグアン)」、そして、プラグインハイブリッドモデルまでの総勢約100台のフォルクスワーゲンをフルラインアップ。
さらに、最新のフォルクスワーゲンの魅力を一層、身近に体感できるよう、4つのテーマ『先進技術』、『安全』、『デザイン&ライフスタイル』、『オールカテゴリー』に分けたコンテンツ(計22コンテンツ)を用意するという。
フォルクスワーゲンファン、クルマ好きの方はもちろん、家族連れからカップルまで幅広く、一日たっぷり最新のフォルクスワーゲンを見て、触れて、楽しめる内容になっているようだ。

4つのテーマで用意された、計22のイベントコンテンツは、以下の専用ホームページから確認できる。
Volkswagen Day 2017 ~ Try! Try! Try! ~ (専用サイト)

なお、一部のコンテンツは、事前手続きや参加費が必要なものもあるのであらかじめ、専用イベントサイトを確認いただきたい。

“オーナーズ ミーティング”は、参加応募方式
専用フォームより事前の応募が必要(応募期間:2017年5月12日~5月18日)応募者多数の場合は抽選。

“体験型プログラム”は、アンケート協力と受付が必要
ウェブサイトの「アンケートサイト」にて回答入力が必要。

 

Volkswagen Day 2017 ~ Try! Try! Try! ~ 概要

開催日時:2017年5月27日(土)、28日(日)の2日間

開場:9時00分(プログラムスタート:9時30分、閉場:18時)
* 雨天決行(荒天中止の場合は、インターネットホームページなどに情報掲載)

開催会場:東京臨海副都心 お台場特設会場(青海臨時駐車場)

入場料:無料

交通機関:新交通ゆりかもめ「船の科学館」、新交通ゆりかもめ「台場」駅下車徒歩 5分
* 開催両日ともに会場周辺の道路ならびに公共駐車場は大変混雑が予想されますので、お出かけの際は公共交通機関をご利用ください。
* おクルマでご来場の方は、会場周辺の公共駐車場をご利用ください。


フォルクスワーゲンをいろんな角度から楽しむことができるこのイベントは、入場は無料。
お台場の広い敷地内を散策しながら、存分にイベントを楽しむもよし、どんな感じだろう、程度でお台場の空気を感じに足を伸ばしてみるのも良いだろう。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 3 =