ちちぶ映画祭「観客賞」出演女優 箱木宏美さん、映画『HER MOTHER』でスペシャルメンション女優賞を受賞!

〜 9月9日より『HER MOTHER』公開 〜

2013年12月に開催された第1回ちちぶ映画祭へ出品され「観客賞」を受賞した内藤隆嗣監督作品『恋は考えるな、愛は感じろ』に出演した女優 箱木 宏美 (はこぎ ひろみ)さん
秩父を舞台に撮影されたその作品を通し、箱木さんは現在も秩父の魅力を伝えてくれている女優のひとりだ。

そんな箱木さんが、この度、栄えある賞を受賞したと当編集部へ一報が届いた。
フランスにて開催された「第23回ヴズール国際アジア映画祭」に佐藤慶紀監督作品の『HER MOTHER』が招待上映され、助演で出演した箱木さんは、見事 “スペシャルメンション女優賞”を受賞したというのだ。

■受賞の記事:cinefil(シネフィル)

■ヴズールアジア国際映画祭のHP:授賞記事(3段目右が箱木さん)

 

『HER MOTHER』は、インディーズ作品で「加害者の死刑を止めようと被害者の母の葛藤を描いた」ものだという。
重い題材がテーマだが、その中で箱木さんは助演として、犯人の母役を演じている。

■作品紹介・役者コメント

・作品紹介:Yahooニュースより

・出演者コメント
cinefil(シネフィルニュース)より
Cinema Factory(シネマファクトリー)より

日本でも上映が決まり、9月9日の新宿 K’s cinema(ケーズシネマ)を皮切りに愛知県や大阪府の劇場でも上映予定だ。
興味ある方は、ぜひ足を運んでいただきたい。
劇場情報等は『HER MOTHER』のHP内「劇場情報」をご覧いただきたい。

『HER MOTHER』のHP

また、新宿 K’s cinemaでは、9月9日(土)に初日舞台挨拶を予定しており、監督をはじめ、箱木さんも登壇予定とのこと。出演者の喜びの声や作品への思い等が聞けることだろう。

 

当編集部へ箱木さんより喜びのコメントが届いたので、紹介したい。

箱木宏美さん コメント

私、第1回ちちぶ映画祭の内藤隆嗣監督≪恋は考えるな、愛は感じろ≫に出演しております箱木宏美です。
その節は多くの方々から多大なお力をお借りし、どの撮影現場でも暖かく迎えて下さり、お蔭様で観客賞を戴くことができました。又、この作品は第29回モントリオール世界映画祭に正式招待され、上映されました。改めまして感謝申し上げます。有難うございます。
今でも時々鑑賞し秩父の街並みや景色に心癒されながら楽しんでおります。少しでも秩父を知って頂くきっかけになればと友人にもご覧頂いております。

私、佐藤慶紀監督≪HER MOTHER≫と言う映画で、第23回ヴズールアジア国際映画祭でスペシャルメンションを受賞致しました。映画祭23年の中で一個人に賞を出すのは初めてだそうで、報告を受けて暫く信じられずまさかの青天の霹靂でした。
この映画は事件と死刑を扱っていて、どの役も重く皆さんが心身を費やして役作りに専心し身を削る思いで演じておりましたので、私が皆さんの代表で(この賞を)頂いたものと感じています。
又、私を選んでこの役を演じさせて下さった佐藤監督にこの場を借りて改めて御礼申し上げます。有難うございます。 私にとって≪HER MOTHER≫は一生忘れられない作品となり受賞は宝となりました。 これを機に更に身を引き締め、地味に地道に精進して参る決意でございます。
今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。 有難うございました。

箱木宏美

 

▲受賞した『第23回ヴズールアジア国際映画祭でスペシャルメンション』の盾

 

日毎に近づく秋、芸術の秋には映画鑑賞だろう。
『HER MOTHER』、少し重いテーマであるが、その作品に込められた監督が伝えたかった思いをぜひ感じ取ってみていただきたい。

最後に、箱木さんの益々のご活躍を祈念いたします。本当におめでとうございます。

記事:編集部

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + one =