小鹿野町、母子手帳アプリ『母子モ』を導入

~妊娠期から切れ目のない支援を実施する小鹿野版ネウボラ、ICTで更なる充実へ~

埼玉県小鹿野町(町長 森 真太郎 以下、小鹿野町)は、株式会社エムティーアイ(東京都新宿区 代表取締役社長 前多俊宏 以下、エムティーアイ)が企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』を導入、10月1日(火)より運用を開始した。

小鹿野町は、平成の名水百選に選ばれた「毘沙門水」や、日本百名山のひとつである両神山が有する日本有数の規模を誇るダリア園、豊かな自然、そして江戸時代から続く「小鹿野歌舞伎」などの伝統芸能が息づく、花と歌舞伎と名水のまち。同町では、「安心して産み育てられるまちづくり」を重点目標に、妊娠期からの切れ目のない支援(小鹿野版ネウボラ)や、幼児教育・保育の充実を図るなど、安心して子育てできる環境づくりに力を入れている。

今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、200以上の自治体で導入されている『母子モ』を採用し、10月1日(火)より運用を開始した。

小鹿野町は、不妊治療の医療費の一部を助成する「早期不妊治療費助成事業」や、「小鹿野町マイベイビー支援事業」、保健師などによる妊娠期の「妊婦訪問」や、生まれた赤ちゃん全員を訪問する「新生児訪問・こんにちは赤ちゃん訪問」、子どもが生まれた家庭に対し、第1子・第2子に5万円、第3子以降に50万円の「子育て支援金」の支給や、出産予定日の3カ月前から牛乳の配布を行う「妊産婦栄養強化事業」、子どもが1歳になる誕生月まで、おむつや関連商品などを助成する「子育ておむつ券」の給付、小中学生の給食費の無償化と教材費の一部補助など、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を実施し、安心して子どもを産み育てることのできる支援制度をもっている。

子育て支援センターでは単独施設を持ち、広い庭園や砂遊びなどのびのびと外遊びができる「お庭で遊ぼう」や、子どもの発達や離乳食についての講話や育児相談が受けられる「すくすく教室」、パパと子どものスキンシップを図る「パパと遊ぼう」など、充実した様々なイベントや事業を通して子育て世帯の親子をしっかりサポートすることに力を入れている。また、公立の保育所・幼稚園を統合し、認定こども園設立の準備を進めており、幼児教育・保育の充実も図っている。

今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、『母子モ』を採用した。

『母子モ』とは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能を携えている。また、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成されており、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えているとのことだ。そして、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待できるものとなっており、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを目指している。

この導入に対して、小鹿野町町長、森 真太郎氏は、

小鹿野町は小さな町だからこそできる、一人にひとりにあったきめ細かい支援を行っています。妊娠期から子育て期に切れ目のない支援、充実した保育体制をとることにより、安心して子育てができる町づくりを進めています。
この度、その支援をさらに充実するツールとして母子手帳アプリを導入します。
この母子手帳アプリを活用し、子育て世代に必要な情報をタイムリーに提供してまいります。子育てするなら小鹿野町で。

と、コメントをしている。

伝統芸能が息づく、花と歌舞伎と名水のまち、小鹿野の新たな取り組みが、子育て世代にとどまらず、大きな枠での「家族」の豊かで魅力ある生活に繋がることを期待したい。

記事:編集部

<『母子モ』概要>
月額料金(税込):無料
アクセス方法:
<アプリ>App Store、Google Playで『母子モ』で検索(対応OS: Android 4.2以上、iOS 9.0以上)
<Webブラウザ>https://www.mchh.jp にアクセス
*対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
*ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

*Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です
※*pp Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。
*iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

提供会社:株式会社エムティーアイ 

秩父新報「特選市場」

秩父地域内から全国のお役立ち情報まで掲載のWebメディアであり、読者の生活を“ちょとだけ”でも豊かにしたい、そんな新聞が自信を持って特選する「逸品」を取り揃えた市場が開設されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =